teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ボトムラインのアップ者です

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 2月22日(月)18時30分8秒
返信・引用
  > No.358[元記事へ]

Hiboki Izunoさんへのお返事です。

こちらこそ、素晴らしい放送音源のアップ感謝いたします。
>ネイティブサンの放送音源はまだあるので折を見てアップしていこうと思っていますので楽>しみにお待ちください。
是非よろしくお願いいたします!

>ザドーの話も出ていましたが、この音源にも実は私が絡んでいます。
なんと!これまたスゴイ話じゃあありませんかw
こちらも機会があればお聞かせください。

これからもよろしくお願いします。

https://www.jazz-honda.com/

 
 

ボトムラインのアップ者です

 投稿者:Hiboki Izuno  投稿日:2021年 2月22日(月)14時04分32秒
返信・引用
  公開音源がファンサイトで取り上げられていたとは知りませんでした。今さっき調べものしていて偶然見つけました。音質も気に入られたようでうれしいです。ネイティブサンの放送音源はまだあるので折を見てアップしていこうと思っていますので楽しみにお待ちください。ザドーの話も出ていましたが、この音源にも実は私が絡んでいます。たまにはお邪魔させていただきますのでホンタケさんの話聞かせてください。  

Re: 懐かしいライブ録音聞けます

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 1月26日(火)22時38分43秒
返信・引用
  > No.356[元記事へ]

yokoさんへのお返事です。
毎度貴重な情報ありがとうございます。

>じつは私、このライブ会場にいました。一曲目にチコさんのマイクがハウリングを起こしたのをよく覚えています。このライブを聞いてたちまち二人の演奏の虜になりました。この二人の組み合わせは(都内では)5回くらいしかなかったと記憶しています(私は全部見たと思う)。二人の間に何があったのかはよく知りませんが、竹広氏とチコさんで共演CDを作っていれば、間違いなく名作になっていただろうと私は思うのでした。

まったく同感です。
そして、またいつかがないのも残念でもありますね。

https://www.jazz-honda.com/

 

懐かしいライブ録音聞けます

 投稿者:yoko  投稿日:2021年 1月26日(火)21時59分7秒
返信・引用
  本田竹広氏が1983年にチコ本田さんと共演した貴重なライブ録音がYouTubeで聞けますね。
https://www.youtube.com/watch?v=F3vHjo4bJyA
前半はピアノトリオ演奏、30分頃からチコさんが加わり3曲吹き込まれています。このチコさんと竹広氏の演奏の相性は抜群で、聞いてもらうとわかると思うのです。竹広氏が奏でるソウル、二人の殺気を感じるバトルがたまらなくよいのです。じつは私、このライブ会場にいました。一曲目にチコさんのマイクがハウリングを起こしたのをよく覚えています。このライブを聞いてたちまち二人の演奏の虜になりました。この二人の組み合わせは(都内では)5回くらいしかなかったと記憶しています(私は全部見たと思う)。二人の間に何があったのかはよく知りませんが、竹広氏とチコさんで共演CDを作っていれば、間違いなく名作になっていただろうと私は思うのでした。
 

Re: NATIVE SONファンは必聴です

 投稿者:管理人  投稿日:2020年10月 1日(木)01時21分16秒
返信・引用
  > No.353[元記事へ]

yokoさんへのお返事です。
yoko様
毎度貴重な情報ありがとうございます
それにしてもこの方、とんでもない音源をお持ちのようで、そちらにもびっくり!です。

> アルバム「COST TO COST」の別テイクが含まれています。音がとてもいいです。
> 個人的には別テイクの「レイシング・アラウンド」がすごくいい出来だと思いました。なぜこっちを使わなかったのかなと首をひねっています。

私も激しく同意しますw
「COST TO COST」は音質の面でも微妙なテイクがありますねえ~とある方からご教授いただいたことがあります(私もそう思います)

まだまだ、いろんな曲が眠ってますね。
またよろしくお願いします。

https://www.jazz-honda.com/

 

NATIVE SONファンは必聴です

 投稿者:yoko  投稿日:2020年 9月30日(水)21時27分6秒
返信・引用
  YouTubeでLIVE FROM THE BOTTOM LINE 1980が聞けます。
https://www.youtube.com/watch?v=H9rG-1_xsg8
アルバム「COST TO COST」の別テイクが含まれています。音がとてもいいです。
個人的には別テイクの「レイシング・アラウンド」がすごくいい出来だと思いました。なぜこっちを使わなかったのかなと首をひねっています。
 

なんと未発表!

 投稿者:管理人  投稿日:2020年 8月21日(金)15時13分39秒
返信・引用
  本田さんの未発表LIVEが発売されました!
1974.7.4. 大分市ZADOのでのLIVEです。
メンバーは、本田竹曠(p) 望月英明(b) 古澤良治郎(ds)
没後発売された、LIVE AT 鹿児島USAが6月27日なので、その一週間後の録音ですね。
もちろん、良いに決まってます(まだ聞いてませんがwww)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08CM12WB8?pf_rd_r=3ZGYJW5EWNVHCS0P7Q2J&pf_rd_p=7392bae8-7129-4d1a-96a9-1cfe0aa13ab3
田村さんの本や、この未発表音源といい、コロナの憂鬱を吹っ飛ばすようなことが続いて、うれしいかぎりです!

https://www.jazz-honda.com/

 

Re.御礼

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2020年 8月15日(土)08時14分2秒
返信・引用
  管理人様
 ありがとうございます。
今度、伺う時にお持ちしようと思いましたが、先日行ったばかりなので、先になりますね~
きっと、amazonでの第一号ではないかしら?
お恥ずかしいですが、精一杯書きました。
嘘や誇張は全くないです!
 

Re: ジャズから見る国立音大の風景~音楽大学にジャズが芽吹くころ

 投稿者:管理人  投稿日:2020年 8月15日(土)00時18分46秒
返信・引用
  > No.349[元記事へ]

ぺぇさんへのお返事です。

本当にご苦労様でした。
そして改めて出版おめでとうございます。
なんかamazonのリンクが変だったので、もう一度貼っておきます。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E9%9F%B3%E5%A4%A7%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%80%9C%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%81%8C%E8%8A%BD%E5%90%B9%E3%81%8F%E3%81%93%E3%82%8D%E3%80%9C-%E7%94%B0%E6%9D%91%E7%9D%A6/dp/B08F6RC7ZK/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%81%8C%E8%8A%BD%E5%90%B9%E3%81%8F%E3%81%93%E3%82%8D&qid=1597417855&s=books&sr=1-1

早速予約しました!楽しみ~~~
 

ジャズから見る国立音大の風景~音楽大学にジャズが芽吹くころ

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2020年 8月14日(金)21時06分37秒
返信・引用
  管理人さんが拙著を紹介して下さいました田村睦です。
本田さんがジャズミュージシャンの縦の繋がりを大事に思って国立音大にジャズミュージシャンズクラブを設立した時から関わってきて、最期までやってきました。クラシック音楽の学校でしたから、ジャズミュージシャンは異端児的な存在でしたが、国立音大にジャズの火を灯し続けて、ついにジャズ専修コースができたのは、山下洋輔氏は勿論、本田竹広や沢山のミュージシャン達の存在があったからです。でも、初期の事は忘れ去られてしまいそうなので、私の知ってる限りの事、諸先輩、後輩達に取材をして書きましたが、東日本大震災や家庭の事情などがあり10年余りの月日が経ってしまいました。呆ける前になんとかしなければ!と思い今年に入り編集者を替えて、やっと出版に漕ぎ着けましたので、是非、御一読頂ければ幸いです!
 

レンタル掲示板
/36