teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


中川昭一

 投稿者:日本  投稿日:2014年12月24日(水)11時36分18秒
返信・引用
  https://www.youtube.com/watch?v=OtjRYoLDXz4  
 

ロスチャイルド・シオニズム デイヴィッド・アイク

 投稿者:日本  投稿日:2014年11月26日(水)10時46分53秒
返信・引用
  ロスチャイルド・シオニズム デイヴィッド・アイク Rothschild Zionism
14.82 min. | 4.97546 user rating | 43966 views

(日本語字幕版)この動画の中でデイヴィッド・アイク氏が言っているように、ユダヤ人の血が問題なのではありません。ユダヤ人が民族として世界征服という馬鹿げた企みを行っている訳ではありません。こういった動きに対して抵抗する多くの善良なユダヤ人が存在しています。皆さんは是非「ユダヤ人」と「シオニズム、シオニスト」の違いを区別するようにお願いします。 ロスチャイルド (Rothschild) は元来ユダヤ系ドイツ人の一族であり、18世紀からヨーロッパの各地で銀行を設立し、現在に至っている。現在、ロスチャイルド家が営む事業は主にM&Aのアドバイスを中心とした投資銀行業務と富裕層の資産運用を行うプライベート・バンキングが中心である。シオニズム(Zionism)とは、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。クネセトはイスラエルの立法府である。ピーター・ベンジャミン・マンデルソン(Peter Benjamin Mandelson、1953年10月21日 - )は、イギリス労働党の政治家。イギリスの首相を勤めたトニー・ブレアの参謀・黒子役として有名であり、メディア操作に巧みな才能を示したことから、「スピン・ドクター」の異名をとった。アメリカ合衆国における新保守主義(neoconservatism:ネオコンサバティズム、略称:ネオコン)は、保守ムーブメントの1つ。米国において、今日のタカ派外交政策姿勢に非常に影響を与えている。アメリカ合衆国の新保守主義の源流は、1930年代に反スターリン主義左翼として活動したトロツキストたちによる。ネオコンを支えているのは共和党の親イスラエル(シオニズム)政策を支持するアメリカ国内在住のユダヤ(イスラエル)・ロビーである。参考:ウィキペディア、ヤフー人物名鑑



1.ザイオニズムだかシオニズムだか知らんが、外国の悪の勢力に 日本も翻弄させられている。 いい迷惑、早くそっちで決着つけておくれ。もう、日本に近寄るな!
2.@pinpono843 キリスト教原理主義が全てシオニストであると考えているならば、誤解です。プロテスタント原理主義には、2種類、つまり、1.改革主義と、2.ディスペンセーション主義がある。1.は伝統的なカルヴァン主義。2.は18世紀から始まる新しい運動で、ロスチャイルドの影響を濃厚に受けている。創始者は、ラクンザというユダヤ人イエズス会士。中興の祖であるジョン・ダービーは、ロスチャイルド・イルミナティの300人委員会から支援を受けている。1.は地上王国を否定、もしくは、イスラエルが世界の中心になるとは考えない。2.はイスラエルが世界の中心になるとし、シオニズムを奨励。
3.デビッドアイク氏・作家?向こうでもやっぱり有名だったのですね、Reptilian humanoids=爬虫類人種’という言葉を始めて使った作家兼霊能力も有る人だと聞きます、ある学者や作家も天から降ってきた天才と言っていました、そこまでわからないけど、前半の写真でユダヤ人=Zionistは誤解です、がよくわかります、このような写真週刊誌的な説明は重要ですね、当初、爬虫類っていきなり言われてもね、と思いつつ最近何気なくわかるような、幼獣の頃から大事に育ててきたワニの飼育係さんが未だ背中をみせた途端、口を開口する=爬虫類ということですけどヒューマニズムの感性、琴線の一切を断ち切る族ですね、最近思うのはZionistのオウム真理教雛形、が理解しやすい、つまり本来、皆さま優秀なんだと思います、しかしあるポイントからreptilesに成る、変身する!なんつって、オウムでも学者レベルの優秀な方が居たそうです、儀式じゃないかなと、映画アイズワイドシャット有名ですけどオウムも宗教法人であったでしょうし、本当に純粋な洗脳状態となるのかもしれません、しかしある方に云わせると根本は90年代に消え去ったと聞きま
4.@loveyoufolks 人の話を片言だけ聞いて、おそろしく不親切なツッコミは誤解を招き、根拠無き不毛な論争をまねくだけです。 日本人の歴史観と多民族国家の歴史観は、根底からかみ合わない。日本人の戦後教育の害毒であるマルクス史観にかぶれ、科学第一主義科学ユートピアと無宗教無神論者を尊ぶ共産主義嫌いの共産主義ユートピア洗脳国民には、キリスト教、ユダヤ教一神教に深く関わるピューリタン革命の本質にはとどかんでしょう。 アブラハム一神教世界を知らず、クロムウェル抵抗宗団を知らずしてアメリカン独立運動の本質は見抜けないでしょう。 貴方にとうが、あの自由の女神をアメリカに送ったフランス革命の仕掛け人達と、北米大陸のイギリスの流刑地に追い出されたピューリタンたちアンチキリストたちが、フランス革命の輸出の聖地とした意味すらわからないだろう。トロツキーレーニンを送り出し、スターリンから粛清されて逃亡した多くの第一インターナショナルのマルキスト達もまた多くのロシア革命の功労者達そしてスターリンの一門そして愛娘が、何故にアメリカ合衆国を目指して逃亡したのか?宗教無き歴史では、何も解けない。
5.新しい翻訳ができましたのでご覧下さい。「メガデス 聖戦~懲罰のため ホーリーウォーズ #megadeth #holy_wars 」
6.@pinpono843 新しい翻訳をご覧ください。「3月20日危機説の根拠 戦争の女神ミネルヴァの誕生日が3月19日 」
7.やっと、日本人為も非ユダヤシオニズム・・・つまりキリスト教右派とも、プロテスタント原理主義者の本質に、真実に気がつきはじめた。 アメリカ合衆国を建国したピューリタン。このプロテスト(抵抗者)のカトリック教会と国家が癒着する政教分離によって、キリスト教王権からフランス革命を、そしてその仕掛け人達はアメリカを建国した。この集団がシオニスト運動作り上げた。非ユダヤ人プロテスタントがパレスチナにイスラエルを建国し、日本をユダヤの第二の建国値に仕掛けた日ュ同祖論の虚構を仕掛けた集団だ。そしてユダヤプロトコルの虚構を禍を振りまいた張本人だ。正真正銘のユダヤ人の歴史に失われた十支族回帰というメンタリティーも思想も観念も存在しない。なぜなら、彼らは、異教徒に成り下がったからだ。ソロモン王国崩壊によって分裂した南ユダ国と北イスラエルに互いに分かれて骨肉の争いをして互いに殺し合ったんだよ。なぜなら、王が異教を信仰した故に。緒のような状況で分裂し殺し合った異教徒と回帰すると言うこと自体、歴史的に存在しない。シオニスト運動とは非ユダヤ組織によって19世紀の近代にわき上がった運動に過ぎないからだ。
8.まだ校生中ですが新しい動画が翻訳できましたのでご覧下さい。「?アサド・シリアの真実と西側メディアのウソ #syria #asad #fake?
#lies」 9.まだ校正中ですが、新しい翻訳ができましたのでご覧ください。「ハリウッド・カタール・サウジがシリア・アサド政権の崩壊を偽装準備中」また、関連動画も説明の中に入れてありますのでご覧ください。
10.market manipulation はユダヤ金融の得意とする手段である。奴らは何でも操作するのが好きなようだ。オリンパスの不正会計がニュースとして発表される前に、ゴールドマン・サックスがオリンパス株を大量に空売りし、発表後の株価暴落で22億円の利益を叩き出した。これは完全にインサイダー情報を得ている。犯罪である。個人がやれば即逮捕だ。だが、奴らは生き延びる。 ホリエモンが逮捕なら、もっと逮捕しなくてはならない連中が山ほど存在し、奴らはのうのうと生き延びているのだ。
11.第2次世界大戦へのアメリカの参戦もロス・チャイルドの利益保護の為だったのね。
12.@nobuoka401 女性の名前はアリゾナ・ワイルダー
13.@pinpono843 自分だけがものをわかっているかのようにうぬぼれているので話にならないです。ちゃんとスタンダードを勉強した後に、陰謀論とかは学ぶ値があるが、あなたはまず裏面史から入っているようだ。ピューリタンをアンチキリストなどと呼ぶのは、まったく無知以外の何物でもない。
14.ロックフェラーはどこいった?
15.pt2:余計な事書くからこうなる、私が言いたかったは、やっぱり純粋洗脳はあって、我々一人ひとり人として(武田鉄矢風に)ある意味、各位洗脳ではあるのです、なくては生き難いヨリドコロと表裏一体ですから、しかしどうせの洗脳であれば文明的効率がよく皆が満足感・充実感があるシステム=これが競争→協力、エゴ→利他、人のために役立つ事以上の満足、充実実感はないそうで、いくら金があっても、左記のような生き方で仕事の後の一杯ほど旨いものはないそうで、ある方が言ってました、いや、本で読んだ、実にそう思います、まあそんな感じでしょうか。。
16.すばらしい。私が話していたことはまさにこのことなんです。最高のタイミング。うれしく!、センスよすぎ!結局、mamoruyo2さんは、反ユダヤ=レイシストなんです。この違いは重要なことなんです。 韓国朝鮮系の人たちと対立を起こして、特定の民族に対する敵対心をあおらせて、奴隷同士の対立を起こさせているという日本の構図を理性的に理解するには、ユダヤ人への敵愾心(反ユダヤ=レイシズム)と国際銀行化支配の構造(ロスチャイルド=シオニズム)の違いを完全に理解する必要があります。 すぐにユダヤの陰謀とか、決まり文句を言う人たちに限って、構造を理解していない人たちがたくさんいます。逆に、このことは、単純に、国単位で考えて、アメリカ人とか、西欧人という単純な分類法も現実の理解には役に立たないのです。(リビア侵略をしている英仏米の国民はぜんぜんおいしい汁を吸っていないで、奴隷化されているのです) また書き込みます。
17.まだ校正中ですが新しい翻訳ができましたのでご覧ください。「シオニストがあなたに見てほしくないもの レイチェル・コリー 」
18.まだ校正中ですが新しい翻訳ができましたのでご覧ください。「反アサド・シリアやらせ捏造報道?CNN=CIAニュースネットワーク」
19.right... As, if the Arabs are disarmed, USA & Israel will not "eradicate" them all...
20.@nobuoka401 アイク氏の爬虫類人の話は、名前は忘れましたが元イルミナティの女性の証言から来ています。彼女は長い間支配者たちに洗脳されてきて、彼らのことを宇宙からやって来た爬虫類人と呼びました。
21.@pinpono843 新しい翻訳ができましたのでご覧ください。「KONY 2012 戦争犯罪の広告塔アンジェリーナ・ジョリーを逮捕しろ!」
22.私も同じことを思いました。さて、新しい翻訳ができましたのでご覧ください。「CNN BBC やらせ捏造報道のウソの上塗り? 反アサド・シリア 」
23.朝鮮はイスラエルのやり方を真似るって明言してるね。周辺はテロ国家。
24.翻訳ご苦労様です。動画有難うございました。大変参考になり、助かります。 また寄らせてもらいますw
25.日本のキリスト教会では、イスラエル建国にあたってシオニズム=ユダイズムのように説く教役者はいまだ多いですね。 そのナイーブさには、失礼ながら「うんざり」させられます。 この時代において、シオニズムなるものと一体となって、ロスチャイルド財閥の如きものが隠然跳梁することは、聖書が既に示しています。 まさに、荒廃をもたらす憎むべき大いなるもの、として。 そして、そうでなければ世の終末は来ない、と聖書は教えています。 すべては新しい時代の始まりのために。

 

バイオテロ?

 投稿者:情報  投稿日:2014年11月22日(土)15時18分35秒
返信・引用
  http://www.youtube.com/watch?v=PVZokaPLX-g&amp;amp;amp;feature=player_detailpage#t=230s

本当だとしたら怖いですね。
 

日本バブルの首謀者

 投稿者:日本  投稿日:2014年11月19日(水)11時14分52秒
返信・引用
  ソロス氏のアリババ株「大量購入」が判明=中国メディア

9月19日に米ニューヨーク証券取引所に上場した中国の電子商取引大手「アリババ集団」について、中国メディアの新浪は15日、「米国証券取引委員会に提出した文書から、著名投資家ジョージ・ソロス氏のヘッジファンドであるソロス・ファンド・マネジメントがアリババの株式を大量に購入したことがわかった」と伝えた。(写真は新浪財経の15日付報道の画面キャプチャ)© Searchina 提供 9月19日に米ニューヨーク証券取引所に上場した中国の電子商取引大手「アリババ集団」について、中国メディアの新浪は15日、「米国証券取引委員会に提出した文書から、著名投資家ジョージ・ソ…
 9月19日に米ニューヨーク証券取引所に上場した中国の電子商取引大手「アリババ集団」について、中国メディアの新浪は15日、「米国証券取引委員会に提出した文書から、著名投資家ジョージ・ソロス氏のヘッジファンドであるソロス・ファンド・マネジメントがアリババの株式を大量に購入したことがわかった」と伝えた。

 記事は、ソロス・ファンド・マネジメントが9月30日までに時価3億909万米ドル(約359億円)分のアリババ株440万株を保有していたとしたほか、さらに2億59万米ドル(約233億円)分のヤフー株500万株を保有していたことがわかったと伝えた。

 さらにソロス・ファンド・マネジメントは第3四半期に保有していたハーバライフ株式の60%以上、金額にして8260万米ドル(約95億7664万円)の株式を手放したと伝えた。

 9月19日に上場したアリババの株式は初日の取引で1株93.89米ドル(約1万885円)で取引を終え、時価総額で2013年のポルトガルの国内総生産(GDP)を超えた。上場から約2カ月が経過したアリババ株は現在、115.1米ドル(約1万3344円)まで上昇している。
 

原発ホワイトアウト

 投稿者:大和  投稿日:2014年11月 6日(木)13時06分39秒
返信・引用
  現役官僚が原発利権を告発!小説「原発ホワイトアウト」著者、若杉冽氏が明かす“モンスターシステム”とは


堀潤 | ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表
2014年2月5日 8時15分










『告発小説 「原発ホワイトアウト」著者インタビュー』

堀 潤×若杉 冽(現役官僚)J-WAVE「JAM THE WORLD」でのストレートインタビューを収録
画像
小説「原発ホワイトアウト」

霞ヶ関の現役官僚による内部告発小説として18万部を超え、2013年のベストセラーになった『原発ホワイトアウト』の著者、若杉冽さん。既に、所属先の官庁内で「誰が書いたのか?」と犯人探しが始まっているという。

「怖くないですか?」と聞くと、「自分以外にも書きそうな奴は霞ヶ関の中にも何人かいるので」と笑いながら返ってきた。しかし、一方で報復人事などが個人に跳ね返ってくる可能性は否定できないと一瞬顔を曇らせた。

小説は、一昨年12月に行われた衆議院選挙後のニッポンを舞台に、原発再稼働を虎視眈々と狙う電力業界、経済界、政界のトライアングルを克明に描いた内容になっている。犯人探しが行われるという事は、内部告発小説として、あまりに“真を食っていた”ということなのかもしれない。小説の中に出てくる人物の一部は、明らかに、実在する人物を連想する描き方になっている。

例えば、脱原発を訴える山本太郎参議院議員を思わせる人物は「山下次郎」。原発利権の存在についても指摘する等与党内で一匹狼として闘う自民党の河野太郎衆議院議員を連想させる人物は「山野一郎」。さらに、再稼働に向けた安全審査の申請を出したい東京電力に対して、事故が発生した場合の安全対策の不備を鋭く追求していた新潟県の泉田知事を思わせる人物は「新崎県、伊豆田知事」。

若杉氏は、なぜ自身の立場があやうくなるかもしれないリスクを背負ってまで内部告発小説を世に出そうと考えたのか?じっくりと聞いた。

堀:

どうして、自らの立場を危うくしながらも、小説を書こうと思ったのですか?

若杉:

2011年3月11日以降、我々は福島の経験をして国民全体も脱原発を望んでいる声が多いと思います。2度の国政選挙を経て、何事もなかったかのように政権も業界も原発を動かそうと動き出しています。年々、民意と離れてきてしまっているのではと感じています。その中で私が直接見聞きしている事実と間接的に見聞きしている事実、これを元に、いかに国民不在で再稼働を原発推進に向かった進んでいるのかをできるだけリアルに国民の方に伝えたかったのです。本当は、山崎豊子さんのような小説家に書いてもらいたかったのですが、つてもなく知り合えずにいたので、自分で書く事にしました。

堀:

ただ、内部告発をするのであればマスコミにリークをしたり、雑誌や新聞などに寄稿するという手もあったかと思いますが、なぜ小説という形にしたのですか?

若杉:

えー、いろんな形で、その意思決定に直接、間接的に関わってきた訳ですが、どうしても政治家は評判、官僚は出世、業界はそれが会社の利益になるということでがんじがらめになってしまっていて、そういう中でこれを止められるのは国民の力しかないので、そういう政・官・財の現状をそのまま伝えるのは小説という形の方がいいのだろうと。直接見聞きした事だと、公務員の守秘義務に関わります。間接的に見聞きした事だと、報道機関は裏がとれないと流せない。でも、間接的に見聞きした事が、裏がないからといって真実ではないわけではなく、真実を伝えるためには小説をやむにやまれずというか、押さえられない気持ちで書いてしまいました。原発推進に向けて、悪巧みが進んでいるのを知りながら、それを国民に伝えないほうが怖いし、良くないと思いました。

堀:

若杉さんが言うところの「原発再稼働に向けた”悪巧み”」を、小説の中では「モンスターシステム」と表現しているのですが、それは、どんな“システム”なのでしょうか?あらためて教えてください。

若杉:

あの~。電力会社は当然、色んな仕事を発注したり、いろんな物資を調達したりします。その時に効率的な調達がされているかというと、必ずしもそういうわけではありません。自由競争入札というのはあまりやらなくて、随意契約というのをやっている。結果としての落札の価格をみても自由な競争的な市場とくらべると2割~3割高い。それを溜まり金としてキックバックさせるとそういう形になりますが、そうではなくて、電力村、原子力村の共通の利益のためにこの総括原価方式を守らなくてはいけないということで、お金を預託するような形で任意の団体にあずけさせて、実際にはパーティー券の処理とか、政治献金とかそういうことに使っていくというシステムです。これを総括原価方式といいます。電力会社の場合、かかったお金は全部料金に転嫁するという仕組みがあって、他の電力会社と競争がおきていないからこそ維持ができているシステムなのです。そういうことによって、電力会社を頂点としていろんなメーカーやその下にぶら下がっている部品屋さんなど、全員でこのシステムを守れば競争をしなくてうまみがあるんです。結局傷みを感じるのは国民なのですが。そういう仕組みの事を私は「モンスターシステム」と名付けました。

堀:

小説では、官僚が落選議員を訪問して次の選挙までの仕事を斡旋するシーンなども盛り込まれていますね。将来どちらが勝っても、自分たちが不利にならない様にする仕込みが行われているということに驚きました。若杉さんは、義憤にかられて、参院選後、わずか2ヶ月で一気に小説を書き上げたということですが、急いで執筆にとりかかったのには訳があったそうですね。とある政治家を守るためと伺いました。新潟県の泉田知事をですか?

小説の中では、まさに地方自治体のトップがスキャンダルで失職させられるシーンがありますよね。

若杉:

新潟県の泉田知事は原子力を推進する勢力からすると目の上のたんこぶだから、正直、非常にあぶない立場だと思います。泉田さんは官僚の適当さを知っていますから。僕が書きたかった動機の一つは、泉田知事があぶないということ。泉田知事を救うためには、泉田知事が国策捜査で逮捕されるというストーリーを逮捕されるまえに明らかにしておけば彼を守れると思ったからです。今は彼しかいません。橋本徹さんがあんな風になってしまって・・・。首長のなかで原子力に規制がかけられるのは彼しかいません。絶対に頑張って欲しいと思っています。

堀:

霞ヶ関にとって目障りな権力者を、どのようにして失脚させるか?その手口の一例は、小説の中に描かれているんですが、それを後ろで支えているのが、巨大な原発利権「モンスターシステム」として描いていらっしゃいます。このシステムを切りくずして、健全な仕組みをつくるためには、どのような改革が必要なのでしょうか?

若杉:

モンスターシステムの巧妙なところは、今だとパーティー券というのは20万円以上買わないと公開されません。だから、政治献金やパーティー券の公開の加減を0円にしていしまう。買った人は必ず公開するということで、誰が資金を提供したかということをガラス張りにする必要があります。これは、一時期政権を取る前の民主党も公約に掲げていました。維新の回も太陽の塔と一緒になる前は公約にしていましたが、政権が近づくと彼らは公約からおろしてしまいました。これを本当に実現すれば、金の出し手というのが分かります。後は電気料金が、電気会社の二次下請けとか三次下請けとかそういうところに通常よりも高い値段で消えてしまっています。その電気料金からのルートも断たなくてはいけません。他にも、政治献金をする動機や、その資金を元から断つ意味で、「発送電分離」の仕組みを、今進めようとしている“法的分離”ではなく“所有権分離”という形にできるかどうかもポイントです。

堀:

ただ、なかなかこうした根本的な改善策についてはなかなか公の場で議論のテーマとしてあがってきませんが、例えば、情報が電力会社によってメディアコントロールは続いているのでしょうか?

若杉:

日本の原発にはコアキャッチャーが無いけれど、ヨーロッパの原発にはあります。そういう事実は、再稼働したい電力業界にとっては隠したい不都合な真実です。電力会社をはじめ、関連会社は相当に力をいれて、メディアでの巻き返しを図っていると言っても間違いではありません。

堀:

特定秘密保護法が可決されました。この法案が施行されるとこれまで間接的に、あるいは直接的に官僚の方から聞こえてきた情報が出てこなくなると思うのですが、若杉さんはどうご覧になっていますか?

若杉:

私が一番心配しているのはそれだけでなくて、特定秘密に関わるものの資質が劣化すると思います。特定秘密でなければその秘密の取り扱いにかかる政策について前任者にも相談ができるし、十年前の先輩にも相談できるし、仲間にも相談できて、多面的なチェックができます。でも、それができないと、前任者、同期、先輩にも相談できなくなります。あなたとあなたと、という少ない人数で考えなくてはいけません。非常に質が劣化してしまいます。

堀:

率直にお話が伺えて良かったです。小説だけではなくて、官僚として改善策を現場で実行されていくのですか?

若杉:

自分の力が及ぶ限りはやりきりたいと思っています。

堀:

どうか、刺されない様に気をつけて下さい。

霞ヶ関の中にも、若杉さんのような官僚の方がいると知る事はとても大きい事ですから。




堀潤
ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表


ジャーナリスト。77年生。01年NHK入局。「ニュースウオッチ9」リポーターとして事件・事故・災害現場等を取材。独自取材で他局を圧倒し報道局が特ダネに対して出す賞を4年連続5回受賞。10年、「Bizスポ」キャスター。12年、UCLAの客員研究員。日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作。13年よりフリーランス。J-WAVE「JAM THE WORLD」、テレビ愛知「激論コロシアム」、東京MXテレビ「モーニングCROSS」、NOTTV「#エンダン」フジテレビ「ニュースのゲンテン」など担当。NPO法人8bitNews代表。淑徳大学客員教授。
 

真実とは

 投稿者:大和  投稿日:2014年11月 6日(木)12時21分40秒
返信・引用
  ■天皇の蓄財④ 07:15CommentsAdd Star

引き続き『天皇のロザリオ』(鬼塚英昭著)より抜粋・引用します。


さて、私はこの項を書くためにたくさんの本を読んできた。私はポール・マニングの『米従軍記者が見た昭和天皇』を読んでいる。興味ある読者は是非読んでほしい。もう一度、この本から引用する。今までの私の推理を裏付けてくれそうである。

「1944年1月、昭和天皇は参謀総長と軍令部総長から結論として太平洋戦争に勝機はないと報告され、木戸内大臣に和平計画を立てるよう指示した。木戸は当然のことながら、この指示の意味は皇室財産を守ることが第一であり、日本を平時の状態にする準備は二番目であると理解したのである。二番目の状況を達成するには時期尚早だったができた。木戸は皇室の財政顧問でもある主要銀行の経営者たちを招集し、会議を開いた。彼らの提案で、天皇の現金が東京から銀行間無線でスイスに送金されたのである。東京にある天皇の銀行口座の残高が事実上ゼロになったが、スイスの銀行の番号口座残高が急激に増加したのだった。横浜正金銀行のスイスの支店は次に、天皇の仮名による銀行投資にドイツの信用を付け、天皇の流動資産の換金能力をさらに高めた。他の財閥の大企業経営者たちも天皇の現金の流出に気づき、アフガニスタン、トルコ、スペイン、ポルトガル、スウェーデン、朝鮮、香港、満州、フランス、ドイツなどに預金していた現金を引き出し、スイスの銀行へ送金した。彼らはまた、ブエノスアイレスにある銀行の法人や個人口座の数も増やしたのである。

占領期間中、日本銀行が横浜正金銀行の業務を引き受けることになり、この結果、皇室財産の財務上の秘密が継続して保証されたのである。」

私が書いた赤十字と天皇の秘密は、このマニングの本で真実であることが理解できよう。

日本赤十字社は、現在でも、皇室が支配的立場にあることを知らねばならない。この赤十字組織が、世界を支配する勢力の一支部なのだ。マニングの本には、天皇がいかに金塊をアルゼンチンに運んだかの詳細な内容も書かれている。

もう少し具体的に、赤十字国際委員会(ICRA、本部ジュネーブ)について書くことにしよう。では、アダム・レポーの『ヒットラーの秘密銀行』から引用する。

「赤十字国際委員会が各国諜報機関から、スパイを潜入させる標的として狙われたのは当然のことだった。大戦中でも枢軸国、連合国を問わず自由に越境して、救援活動ができる国際的組織だったからだ。また、情報収集も任務のひとつで、職員たちは双方の捕虜や軍指導者たちに対する質問権を与えられていた。」

『ヒットラーの秘密銀行』から、もう一つ引用したい。ナチス資産について書かれているが、ドイツの枢軸国日本の姿もみえてくる。

「英米仏三国は1945年8月、スイスに預けられているナチスの資産の所有権を主張するもスイス政府の対応ぶりは相変わらずのものだった。三国の主張はどんな法律を根拠とするものか理解に苦しみ、また連合国によるドイツ占拠の事実は『ドイツ国境を越えて法的効力を持つことはほとんどない』という言い逃れに終始した、とSNBの報告書は記している。

「スイスに預けられたナチス資金」を「スイスに預けられた天皇の秘密資金」と置き換えるならば、私が書いてきたことが事実であることが理解できよう。『ヒットラーの秘密銀行』には、スイスの銀行について書かれている。日本に関係する記事に触れておこう。国際決済銀行(BIS)がスイスにある。この銀行が、ナチスと日本と戦争中も取引を続けた。では引用する。

「BISの総裁はアメリカ人トーマス・マッキトリック、ゼネラル・マネージャーはフランス人ロジェ・オボワン、ゼネラル・マネージャー代理はドイツナチ党員のパウル・ヘクラーだった。大戦中の理事には、ライヒスバンク副総裁で後に戦死とされたエミール・プール、同総裁のヴァンター・フンク、その他ロンドン、ブリュッセル、ローマ、日本から派遣された銀行家たちが顔を揃えていた。(略)ベルリンにとっては好都合なことに、戦時中のBIS総裁は、ナチスの略奪金塊の主要ルートだったスイス国立銀行の総裁エルンスト・ウェーバーだった。(略)第一次世界大戦の敗戦国ドイツが連合国に対して負っていた賠償金をヤング案に基づいて回収することを目的に、数カ国の中央銀行が1930年5月に設立した銀行だったのである。ニューヨーク・ファースト・ナショナル銀行など世界の主要金融機関が共同出資し、これらの国々および日本が理事を送り込んだ。(略)BISの設立資本金は五億スイスフランで、ベルギー国立銀行、イングランド銀行、フランス銀行、ライヒス・バンクという中央銀行五行によって保証されることになった。これに日本の代理を務める日本銀行団、およびモルガン銀行、ファースト・ニューヨーク銀行、ファースト・シカゴ銀行から成る米国銀行団も参加した。」

ここまで書いてきて、戦争というものが、金融と深く結びついていることが理解できたはずである。BISとスイス国立銀行は深く結びついている。私の推測の域を出ないが、天皇はスイス国立銀行に「皇后名」で、BISに「天皇名または仮名」で、最低二口の秘密口座を持っていたと思われる。マニングの推定「35億ドル」以上ではなかろうか。35億ドルでは少な過ぎる。

<中略>

日本の作家で井上清の名を挙げた。2000年に濱田政彦の『神々の軍隊』がでた。この本の中で濱田は天皇の秘密資金に触れている。引用する。私のこれまでのストーリーを追認するものである。

「皇室は蓄えた資産をモルガン商会を通して海外で運用していたが、金塊、プラチナ、銀塊などスイス、バチカン、スウェーデンの銀行などに預けられていた。(略)中でも国際決済銀行、通称“バーゼルクラブ”は、世界の超富豪が秘密口座を持つ銀行で、治外法権的な存在であった。(略)内大臣木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和十九年一月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような巨額の皇室財産を海外に逃がすよう指示した。そこできれいな通貨に“洗浄”されたが、その際に皇室財産は、敵対国にばれぬようナチスの資産という形で処理された。スイスは極秘裏にナチスに戦争協力していたので、ナチスの名のほうが安全だったわけである。(略)皇室とバチカンとフリーメーソンの関係をたどっていくと、世界の闇が明らかになってくると思われる。おそらく戦後の皇室がえらく貧乏にみえるのは、その資産を戦後の日本復興に使ったからなのかも知れない。M資金の闇は深い。」

濱田政彦の書いていることは間違いない。ただし、「おそらく戦後の皇室がえらく貧乏にみえるのは、その資産を戦後の日本復興に使ったからなのかも知れない」には全く賛成できない。私は昭和天皇が戦後も、マニングが書いているように蓄財作戦に熱中していたと思っている。天皇家の秘密資金の一部がM資金となり、多くの人々を悩ませたのである。

マーク・ゲインの『ニッポン日記』には天皇の財産について詳しく書かれている。だがここではすべて省略する。初版本に書かれたことが、再版本では省略されているとのみ書く。1946年3月24日、マーク・ゲインは天皇の埼玉行幸を描いている。

「天皇はただ一人で晝食をとった。天皇以外の我々は、冷たい飯と悪臭鼻をつく大根の漬物と、その紡績会社から出された刺身の小片を口に押し込んだ。窓からみると、女工たちが列をなして並んでいたので話をしようと思って戸外に出た。彼女等は恥ずかしそうにクスクス笑うだけで誰も答えてくれそうになかった。が、とにかく彼女等は「十五歳」‐最低就労年齢-で、一日九時間半働き、一日三円ないし五円

支払われていることを聞き出した。そこへ天皇が出て来たので、彼女等は最敬礼をし、支配人の号令一下、万歳を唱えた。それから彼女等の専制君主を見ようと首を伸ばすのであった。」

当時の女性の日給は一日九時間半働いて一日三円ないし五円。1945年8月15日から約半年たっているので、インフレが進んだ後だから半年前はもっと安い。たぶん一円から三円であろう。

計算機を手にして、当時の天皇がどれくらいの金を持っていて、海外の秘密口座に入れたかを計算されよ。そうすれば、その金額の天文学的数字がクローズアップされる。

それでは読者にヒントを一つ与えよう。1945年10月にGHQが発表した皇室財産の内容は書いた。「土地・建物・木材・現金・有価証券(美術品・宝石は含まない)は37億2000万円。」木下道雄(元侍従次長)の『側近日記』が昭和天皇の死去の翌年の1990年に出版された。この本の解説は伊藤隆(当時東大教授)であった。彼は次のように書いている。

「ところで終戦直後の天皇家の財産は37億5000万円だった。日銀物価価格統計により現在の貨幣価値の311倍で換算すると7912億円である。」

この数字の十数倍近くをスイス銀行に送り込んで終戦工作に天皇は入ったのである。敗戦前の国家予算は100億円を切っていた。天皇は自らの生命を守るためと、このスイスの秘密預金を維持し、さらに増やすために戦後工作に入るのである。天皇の「キリスト教入信」対策は、この二つの大事なものを守りぬくべく実行された。国民は依然として雑草のような民草であった。

これが大東亜戦争を天皇が仕掛けた第一の原因だと分かるだろう。

それでもあなたは、天皇陛下にむかって「天皇陛下バンザーイ」と叫ぶのであろうか。それとも、広田弘毅のように「天皇陛下マンザーイ」と叫ぶのであろうか。
 

中川昭一氏死の真相

 投稿者:日本  投稿日:2014年10月18日(土)15時47分28秒
返信・引用
  Kazumoto Iguchi's blogより引用

追悼中川昭一大臣:あなたは真の国士だった!「正義はゆっくり動く」!?

みなさん、こんにちは。

今やその死後においてますます声価の高まりつつある、中川昭一氏。未だにその死は謎めいている。というより、電通CIAマスゴミがあっさり病死と報道して終わりにしたことから、滋賀県大津の中2自殺事件同様に、その報道そのものが「やらせ」のウソ捏造報道だったに違いないというわけである。

最近、偶然に中川昭一氏、そしてその父親の中川一郎氏の”なぞの自殺”事件のYouTube番組を見つけたので、ここにもメモしておこう(おそらく、すぐに削除されるはずだろう。)

(あ)まずは父親中川一郎氏のもの。

中川一郎 死の真相 1/3火葬を急いだわけとは?葬られた秘密・・


中川一郎/死の真相 2/3 石原慎太郎が語る死の真実!CIA機密


中川一郎/死の真相 3/3 石原慎太郎が語る死の真実!CIA機密



(い)次は息子の中川昭一氏のもの。

恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣


中川昭一 日本の財布が目の前で盗られている


眠ったままの日本人へ~中川昭一氏が残したもの


中川昭一大臣は、はめられた ! 写真みろ詳細の一番下


中川もうろう会見の真相を報じないメディア


中川昭一 財務大臣が失脚し、暗殺された理由 (一応復習)


これに対して、マスゴミの辛坊は、中川昭一氏に向って「あんなものは自殺すれば良い」とテレビで発言したというのである。まさに殺人予告、あるいは、殺人幇助ですナ。

追悼 中川昭一と辛坊発言


まあ、読売の女性記者が薬を仕込み、もうろう会見をやらせて、それをマスゴミがこうやって報道するというマッチポンプの典型ですナ。これがいわゆる「電通工作」というものである。

この会見の後、中川昭一氏の向って左にいた人物はIMFの理事になった。女性記者も栄転。行方知れず。(しかし、理事につけた方のIMFの総裁ゼーリックはその後不明の理由により解任となった。)

真っ昼間から正々堂々とこういう殺人事件を起すとは、すでに日本のマスゴミは終わっていますナ。いずれ天罰が下るはずである。それにしても、名前からして在日外国人系の辛坊という人物は何様のつもりなんでしょうナ?(ちなみに、例の「(在日外人)人権救済法案」が可決すると、こういう辛抱発言のような横暴を批判すると、即座に逮捕されるということになるらしいヨ。)

アメリカのインディアンもそうだったが、こうやって徐々にアジア系の地球人は地獄の世の中へ真っ逆さまに落とされて行くらしいヨ。

まさに世も末である。

 

TPP

 投稿者:愛国者  投稿日:2014年10月13日(月)12時24分35秒
返信・引用
  TPPの動画拝見しました。
まさしく大国・大企業の陰謀ですね。

以下のサイトでも解り易くTPPのデメリットを
紹介しています。
http://www.think-tpp.jp/
 

ヤフーニュース

 投稿者:日本  投稿日:2014年 9月11日(木)16時51分11秒
返信・引用
  【速報】朝日新聞 「吉田調書」報道を訂正へ 社長辞任へ

DAILY NOBORDER 9月11日(木)1時14分配信



 朝日新聞が福島第一原発事故をめぐる政府による吉田所長(当時)への聞き取り調査の結果をまとめた、いわゆる「吉田調書」の自社報道について、訂正する方針を固めた。

 これは朝日新聞が今年5月20日付けの朝刊で「吉田調書を入手した」とスクープ記事として掲載していたもので、そこでは「福島第一原発から職員の9割が所長命令に反して撤退した」などと報じていた。

 これをソースとして、海外メディアからは「韓国のセウォル号に匹敵する責任放棄だ」と報じられるなど影響は国外にも波及していた。

  一方で、産経新聞が8月18日に吉田調書を入手したとして報じた内容は、朝日新聞の報道とは異なり職員は吉田所長の指示どおりに動いていたとし、朝日新聞の報道は誤っていると批判していたが、朝日新聞が紙面で明確な反論をすることはなかった。

 このような情報の錯綜を受けて、政府は吉田調書を9月中にも公開する方針を発表しており、朝日新聞社内では事実関係が明らかになる前に、記事の撤回をすべきだとする声があがっていた。

 こうした中、明日11日には、政府が吉田調書に関して何らかの発表を行うとの情報もあり、社内で吉田調書報道の訂正を決定し、12日の朝刊に掲載することを決めた模様だ。

 朝日新聞は8月には従軍慰安婦問題の一部報道を撤回し、その後も週刊新潮や週刊文春の広告掲載拒否などで社会的な信頼を失墜しており、報道機関としての見識が厳しく問われている。

 また、朝日新聞内部の匿名の関係者によると、すでに社内では、木村伊量社長の辞任もやむを得ないとの声も上がっており、11日中の社長記者会見がアレンジされた。朝日新聞は創刊以来最大の危機を迎える。
 

軟骨

 投稿者:日本  投稿日:2014年 9月10日(水)10時57分48秒
返信・引用
  新しい軟骨作製法開発 横浜市立大、発生を再現

共同通信  2014年9月10日 08時00分 (2014年9月10日 08時04分 更新)










 横浜市立大の武部貴則准教授らの研究チームは10日、人間の軟骨ができる過程をまねることで、体外で軟骨を作り出す新しい手法を開発したと、米医学誌に発表した。将来的に、先天的な顔面の変形やけがなどの治療で、作った軟骨を利用したいとしている。

 成熟した軟骨組織には神経も血管もないが、チームは今回、胎児の体内では成長の初期段階の軟骨組織に一時的に血管が入り込んで、必要な細胞が活発に増殖していることを突き止めた。

 そこで、耳から採取した軟骨のもとの細胞に、へその緒に含まれる血管になる細胞を混ぜて培養すると、2日間で血管のような構造が入った直径約3ミリの塊ができた。
 

レンタル掲示板
/42