teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/412 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

加計問題の本質

 投稿者:日本  投稿日:2017年 7月22日(土)12時40分46秒
  通報 返信・引用
  【単刀直言】萩生田光一・官房副長官が「加計文書」の事実を語る 「『正確性欠くメモ』と文科省から謝罪あった」「NHK番組は疑惑が深まる構成」
産経新聞

© 産経新聞 提供 萩生田光一官房副長官

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる問題で、私に関するさまざまな疑惑が報じられてきました。このままうやむやにしたくないので、事実関係をお話しさせていただきます。
 私は平成15年の衆院初当選以来、文教政策に関心を持って取り組んできました。文部科学政務官を経験したこともあり、自分で申し上げるのも何ですが、文科省からは頼りにされていた存在だと思っています。
 問題になった「(昨年)10/21萩生田副長官ご発言概要」に書かれたやりとりは、私が文科省に指示したものではなく、文科省側から私への報告、相談です。そもそも、獣医学部新設計画は、10月21日の時点で、私がハンドルを切って事態が変わるような性格のものではないでしょう。
 10月21日文書が文科省の調査で出たときに、義家弘介文科副大臣らが「著しく正確性に欠く個人の備忘録的なメモなんです」と説明に来ました。省として物事をあきらめるときに「萩生田副長官がこう言っているなら仕方がない」というようにしてメモにする傾向があったことは否めないというおわびもありました。
 文科省、言い訳に終始
 文科省は、一言でいうなら他省庁との争いを好まない穏やかな役所。言い換えると組織として踏ん張りが弱く、常に言い訳に終始しているように思います。前川喜平前文科事務次官が記者会見で座右の銘は「面従腹背」と言ったのもうなずけました。
 10月21日文書は係長5人で共有していたと報告を受けています。野党やマスコミは、私が最後通告のような圧力をかけた証拠がこの文書だと言っていますが、それほど重要な局面だったら、局長や事務次官、あるいは文科相に上げるべきだと思うんですね。
 そもそも、文科省として国家戦略特区に反対しているという意思表示は私には一度もありませんでした。前川さんとは毎週金曜日、事務次官会議で会っていました。十数年一緒に仕事をしてきましたが、行政がゆがめられるほどの一大事というのでしたら、そのときに声を出すべきでしょう。
 (加計学園が運営する)千葉科学大学の客員教授だったという偶然も重なり、文科省と加計学園の双方に接点があり、副長官として安倍晋三首相に近い私に注目が集まったと認識してます。
 10月21日文書は、いよいよ東京都議選という6月19日にNHK「クローズアップ現代+」で初めて紹介されました。前日にNHKから文書について問い合わせがありましたが、肝心な文書は見せてくれません。だから「文書がどんなものか分かりませんが」と答えたのですが、番組は視聴者の疑惑や疑念が深まるような構成になっていました。
 また、都議選候補者の選挙事務所にはすごい取材と電話がありました。あるテレビ会社は約束なしで事務所に押しかけて、私の後援会の人や関係者の住所を教えろといってきました。結局、その会社は役員名で謝罪文も出しましたが。
 結果的に私に関する報道が都議選での自民党の敗因の一つになったことは否めません。多くの仲間に迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っています。
 抵抗勢力 肌で感じた
 永田町では、私が圧力をかけたわけではないことが野党も含め分かってきました。野党の調査チームメンバーからも「萩生田さんは関係なかったんだね」と声をかけられるぐらいですから。
 それでも、報道のみで情報を得ている皆さんが持たれたイメージを覆していくための特効薬はありません。コメントなどを出しても、ほとんど取り上げてもらえず、大変もどかしい思いをしました。嵐の中に置かれるとあらがうことができないと強く感じました。
 今回はまさに、岩盤規制に風穴を開けることへの抵抗勢力の存在を肌で感じました。獣医学部新設に不満を抱く人が、自らを被害者のように位置づけて既得権を守ろうとする面もあるのではないかと思いますね。
 愛媛県と今治市は加計学園をパートナーとして10年以上、取り組んできました。今月10日の国会閉会中審査で加戸守行前愛媛県知事が、これまでの苦労などを話されたのが印象的でした。加戸さんの発言を記述しない朝日新聞と毎日新聞には違和感を覚えました。
 閉会中審査では、私が内閣人事局長であるがゆえに「役人たちが物を言えないんだ」と言う人がいました。人事システムを知らない人たちの政治利用の質疑だと思いましたね。一義的な人事は各省の大臣が持ちます。人事局長が原案を差し戻すにはそれだけの理由と根拠を示さなければならないのです。
 今回の件を受け、安倍政権として、抵抗勢力に屈することなく岩盤規制に取り組んでいく必要性について思いを新たにしました。(今仲信博)
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/412 《前のページ | 次のページ》
/412