teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 多文化共生 多言語共生(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/1734 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

学校現場で

 投稿者:北川  投稿日:2016年 3月29日(火)05時06分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  転勤や異動で担任や校長が代わる・・ようやく理解してくれるようになったのに、又一からやり直しか~と思っていたら、教育委員会から連絡が入った。

「来年度の日本語指導について意見を聞きたい・」と・・

昨年日本語支援をしてきた小中学校の校長が、日本語支援のお陰で学校が助かったことや、学習支援で子どもの成績が上がったことなど、教育委員会に報告をしてくれ、日本語支援者の意見を聞くようにと提言してくれたと言う。

現場教師に理解して貰うことを目指した。
ボランティアではなく、講師として学校に入ることで見えたのは、子どもの日本語教育をきちんと語れる日本語指導者の必要性だった。

文化庁や文科省の異文化教育を受けられるのはごく一部の限られた教師・・・学校全体で異文化教育を学ぶ学校など皆無・・それが現実・・
子どもの日本語教育を考えるうえで、学校との連携は欠かせない
そのためには現場教師に日本語指導の成果を見せて行くしかない・・それが教師に理解してもらう一番の方法


学校教師が「あの子は勉強を教えても無理なんですよ」と言ったら、私たちはどう考えるだろうか・・教師の指導力のなさ??、子どもの頭の悪さ??
それと同じことが日本語指導者にも言える・・「異文化の子どもが日本語を覚えるのは無理なんですよ」と言ったら教師はどう考えるだろう・・・言ってはいけない言葉であることを自覚する日本語指導者がどれくらい居るだろう(そのために指導方の学びがある)

学校現場は簡単には変わらない・・ようやく理解してくれたと思うと転勤や異動がある。
しかし、きちんと向き合い連携をとっていけば理解してくれる教師は必ず居る。

挨拶に伺った中学校長の言葉・・
「ようやく理解できるようになったら私は定年だものなー・・・でも、貴女のような人が居なければ学校は理解できないと思う。どうかめげずに学校現場に働きかけて欲しい。学校には日本語指導者が絶対必要なのだから・・・」

日本語指導をして20年以上になるが・・まだまだ・・
しかし、学校現場から声を上げて貰えるようになった・・これは進歩!!

学校教師と肩を並べる日本語指導者を目指して・・頑張るしかないか~・・・
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/1734 《前のページ | 次のページ》
/1734