teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 多文化共生 多言語共生(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/1734 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

春休み学習支援教室

 投稿者:北川  投稿日:2016年 3月23日(水)06時16分4秒
  通報 返信・引用 編集済
  子供達は春休み・・宿題をもって日本語教室にやって来た子供達から質問
「春休みの学習教室はいつからですか~?」

高校に合格したり成績優秀で卒業する先輩が側に居ると、勉強するのも宿題をするのも当たり前になっていく・・・・ついこの間まで宿題もせず遊んでばかりいた子が黙っていても宿題をするようになり、分からないと手を上げて聞くようになる。
子供の本来持つ「力」にいつも驚く・・・・

市の企画課に連絡し部屋を確保して貰った。

ーーーーーーーーーーーー
「春休み学習支援教室」
午前9時半~12時まで

3月28日(月)中央公民館 視聴覚室
3月29日(火)中央公民館 視聴覚室
3月30日(水)中央公民館 視聴覚室
3月31日(木)働く婦人の家 和室2部屋・・大人の木曜教室も一緒に開催
4月 1日(金)中央公民館 視聴覚室
4月 4日(月)中央公民館 視聴覚室
4月 5日(火)中央公民館 視聴覚室
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記部屋を確保しました・・と連絡が入った。
能代は、子供の支援に当然のように協力してくれる。


自治体が理解してくれない・・地域日本語教室は大人のためのもので子どもの支援は関係ないと言うボランテイアや、子どもの支援はボランティアが頑張るしかないと諦めている人が多い

しかし、子どもの支援は地域全体で考えるべき問題である。
自治体が理解しないと諦めるのではなく理解させる・・・そのために継続して来たと言えるかも知れない。

子どもの教育は長期的なもの・・学校教育は人として生きるための基礎を学ぶ所であるはず
異文化をルーツに持つ子供の日本語教育が、その場しのぎになっていることに・・大きな疑問を持つ

子供達はどんな形で生まれたとしても、この町で生きる次世代だ・・
しかし、その子供達に日本の文化や習慣を伝える人は皆無・・言葉も必要だが「ことばは文化」、日本の文化・習慣を学ばなければ日本で生きるのは難しい・・「日本=世界」だと思っている日本人が多すぎる(苦笑)
人口増加には貢献して貰うが一緒に生きるのは御免被る??・自治体の本音??

そうではない・・市井の人々は本当はやさしい
子供達の顔を見て応援してくれる人は多い・・今のところ能代は県内で一番やさしい町かもしれない・・子供の学習支援教室を開催しているのはここだけなのだから(苦笑)


過疎化・少子化・人口減少、それらを憂いる前にやるべきことがあるはずだが・・・

日本語教室の受講生達は言う・・この町が好き、この町で育ってヨカッタ、この町は日本の故郷・・・

町づくりとは、この町が好きだという人達を増やすこと・・・・
能代の姿勢に感謝する!!
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/1734 《前のページ | 次のページ》
/1734