teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 多文化共生 多言語共生(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:20/1734 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

卒業おめでとう

 投稿者:北川  投稿日:2016年 3月16日(水)06時25分16秒
  通報 返信・引用 編集済
  D君は日本人の父親とフィリピンの母親から生まれた日本生まれの日本国籍。
D君も両親も日本語の勉強など必要ないと思っていたが、小学3年になり授業についていけない現実に直面する。

養護学校への転校を進められたというD君と会い、彼は障害児ではないと確信する。
両親の了解を得、日本語と教科を基礎から徹底的にやり直すことにした。
あれから10年・・中学生になっても高校に合格しても日本語教室に通い続けたD君。

皆勤賞はもちろんだが成績最優秀を始め数々の賞を独占し高校を卒業(これだけの賞を貰った子どもは学校でも初めてとのこと)難関の就職先も決まった。

彼に言い続けてきた・・負けるな!日本語だって勉強だって分からなかったら聞けばいい。分からないことは恥ずかしい事ではない。努力したら必ず答えは出る。

彼は現実にそれを証明した・「ボクだって頑張れたんだから君たちもできると思います。この教室は分からないことは何でも教えてくれる。これからもボクは頑張りますから君たちも頑張って下さい。この教室の事は決して忘れません」

身長190センチのイケメン!に成長したD君(あんなにチビだったのに大きくなるもんですねー)
「この教室がなかったら・・・」と、何度も頭を下げてくれた両親。

子どもの支援は一朝一夕で答えが出るものではない。

しかし、どんなに大変でも、子供の笑顔が全てを忘れさせてくれる。

D君、卒業おめでとう!!・・・本当に頑張ったね・・

実は一番喜んでいたのは彼・・D君を数学一番の成績に導くために最善を尽くすと公言していました。
ヤッタネ・・彼の職業(教師)に敬意を表します・・お疲れ様でした
 
 
》記事一覧表示

新着順:20/1734 《前のページ | 次のページ》
/1734