teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おひさしぶりです

 投稿者:尾崎 正志  投稿日:2016年12月20日(火)02時32分0秒
返信・引用
  永のご無沙汰をお許し下さい。管理人様、サイト継続運営本当にご苦労様です。心からお礼申し上げます。ありがとう。さて、ご報告をさせて頂きます。最晩年の本田さんが、紀尾井ホールリサイタルを目指したことで訳も解らず巻き込まれてしまった小生ですが、小生に取り憑いている版画の神様から式年遷宮をしろ!!とのご託宣を賜ったものですから、このたび20年間に渡り営業を続けた新横浜を8月30日をもって移転いたしました。其の結果、小生の会社のLIVEスペースで本田さんが弾きまくったグランドピアノは新移転先には運び込めず、タイ国の小学校に寄付する事と相成りました。9月1日から新移転地にて新たな版画工房の開設作業を始めましたが、その凄まじい引っ越し荷物で溢れた空間に貧弱な音響装置で流した音楽は、初期Native SonのLIVE盗み録り音盤でした。FanFanというLIVE HOUSEでの演奏なのですが、この演奏は、凄いですね。9月10月11月と丸3ヶ月間、新たな環境造りに孤独な作業を続ける小生を、心底励まし、勇気を与えてくれました。
This Is Honndaの本田さんが、フュージョンに奔ったか!!こんな想いからNative Sonの活動には意識的に耳を塞いでいた小生は、なんと勿体ない事をしたのか、なんと馬鹿者だったのか!!こんな想いにさせられたこの3ヶ月間でしたNative Sonの音楽は、やはり根底からJAZZだったと再認識したのでした。Liveと録音盤の違いなど当然解っているはずなのに、当時のコマーシャルで流れるNative Sonの演奏は、当時の僕の耳にはJAZZには聴こえなかった。でもこのFanFanLiveでの峰さんや寛さんは、現在の彼らの演奏そのままなんです。加齢とか経験とかは全く関係ないのですね。。当時から彼らは彼ら独自の世界を求め、実践していた。Jazzとかフュージョンとかのカテゴリーなんて捕われる事なく、やりたい事をただ演ってるよ!!こんな感じなんですね。この辺りの感覚が、新たな作業場を造作している孤独な小生には堪らなく勇気を与えたくれたのでした。
版画関係の機械や備品の設営がほぼ終了して、昨日ようやくオーディオの設置ができました。さて最初に流す音楽は?やはり本田さんのLP、This Is Hondaで新空間を満たしてもらいました。そんなことで、亡き本田さんへのお礼と熱き本田ファンへの久々のご挨拶となりました。失礼しました。

 
 

Re: 初めまして

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月11日(日)15時23分53秒
返信・引用
  > No.315[元記事へ]

青魚さんへのお返事です。

青魚様
投稿ありがとうございます

> 最近本田さんのファンになった者です。
> やはり「This Is Honda」を聴いたのがきっかけです。
これは正しい?本田さんへの入り方ですねw
まずはそのあたりの作品に接してみてください
その後フュージョン期~90年代の4ビート回帰
で、復活後ってなかんじでしょうか。
あれ?そのまんまですねw
まあどこから聞いても本田さんは本田さんということで・・・

> 本田さんのピアノには何と言うか魔力..中毒性みたいなものがありますね。
そうですね、それにはまってしまった人を多数存じ上げております。

> 当時はロック一辺倒で残念ながらライブを観る機会には恵まれませんでしたが
> 生きてる間に本田さんの音楽に出会えて良かったです♪

今はyoutubeなんかもありますので、ライブ映像はそちらからということで
これからも本田ミュージックをよろしくお願いします。


http://www.jazz-honda.com/

 

初めまして

 投稿者:青魚  投稿日:2016年12月11日(日)14時48分45秒
返信・引用
  最近本田さんのファンになった者です。
やはり「This Is Honda」を聴いたのがきっかけです。
本田さんのピアノには何と言うか魔力..中毒性みたいなものがありますね。
聴いてるこちら側も一緒に演奏に参加している気分になると言いますか(笑)
当時はロック一辺倒で残念ながらライブを観る機会には恵まれませんでしたが
生きてる間に本田さんの音楽に出会えて良かったです♪
 

Re: ネイティブサン与論島ライブ映像

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月28日(水)23時10分7秒
返信・引用
  > No.313[元記事へ]

yokoさんへのお返事です。

yoko様
投稿ありがとうございます
https://www.youtube.com/watch?v=oJinQpGDtTw
これですね
いつ見てもやっぱりいいですねえ~

4つのパートに分かれているのでちょっとメンドーですがうまいこと並べて見ましょうw

> 管理人さん、お元気ですか。1981年に与論島で撮られたネイティブサンのライブ映像がYouTubeで見れますね。全盛期の映像とあってパワーがもの凄いです。みんなノリノリです。ネイテイブサンを追いかけていた青春時代を思い出してとてもなつかしくなりました。みなさんもネットで検索してぜひご覧ください。

http://www.jazz-honda.com/

 

ネイティブサン与論島ライブ映像

 投稿者:yoko  投稿日:2016年 9月28日(水)01時18分21秒
返信・引用
  管理人さん、お元気ですか。1981年に与論島で撮られたネイティブサンのライブ映像がYouTubeで見れますね。全盛期の映像とあってパワーがもの凄いです。みんなノリノリです。ネイテイブサンを追いかけていた青春時代を思い出してとてもなつかしくなりました。みなさんもネットで検索してぜひご覧ください。  

Re: エレクトロニクス!

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月31日(水)22時44分57秒
返信・引用
  > No.311[元記事へ]

mondoさんへのお返事です。

mondo(珠也)さん
書き込みありがとうございます。

> しかしもう廃盤でしょう。
確かにいつのまにか廃盤ですねえ~
あるうちに買おとけや!の言い伝えは守らないといけません。

> 本田竹広の知られていない音源はまだまだありますよ。
そうですね、いろいろと事情があってなかなかアップできませんが、
そのうち整えたいと思っています
その時はよろしくおねがいいたします(サード・ハード・オーケストラとかw)

http://www.jazz-honda.com/

 

エレクトロニクス!

 投稿者:mondo  投稿日:2016年 8月31日(水)21時39分26秒
返信・引用 編集済
  本田竹広のファンだったらこれは持っていないとね。

買い逃している人も多いと思う。

オリジナル盤は激しく高いですが、何年か前にCDで再発されました。

http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/9626/

しかしもう廃盤でしょう。

本田竹広の知られていない音源はまだまだありますよ。



*原信夫とシャープス&フラッツ+1(本田竹彦) / エレクトロニクス!

日本を代表するビッグ・バンドが放ったジャズ・ロック・スペクタクル。
若き日の本田竹彦の参加も貴重な、シャープス&フラッツ切っての異色作。
日本を代表するビッグ・バンド、シャープス&フラッツが当時22歳の新鋭ピアニスト本田竹彦をフィーチャーして作った異色作。 ジェスロ・タルの「ブーレ」、BS&Tの「スピニング・ホイール」、ビートルズの「カム・トゥゲザー」など、当時最新のロックヒット作品を取り上げているのも聴き所のひとつ。
【初CD化】(「TUMBLIN! TUMBOURINE!」を除く)

 原信夫、加藤久鎮、谷口和典:T・SAX
 前川元、鈴木孝二:A・SAX
 森川信幸:B・SAX
 森川周三、福島照之、佐波博、篠原国利:TRUMPET
 谷山忠男、鈴木弘、橋爪智明、中島正弘:TROMBONE
 小川俊彦:PIANO
 竹内弘:BASS
 海老沢一博:DRUMS
 直居隆雄:GUITAR
 本田竹彦:E・PIANO、HAMMOND ORGAN
アレンジ:佐藤允彦(M 1・4・5・6)、山屋清(M 10)、荒川康男(M 8・9)、小山恭弘(M 2・3・7)

1.BOUREE
<ジェスロ・タル>
2.BREIT KOPT
3.LIBERATION
<シカゴ>
4.TUMBLIN! TUMBOURINE!
5.NERVOUS BREAK DOWN
6.SPINNING WHEEL
<ブラッド、スウェット&ティアーズ>
7.COME TOGHETHER
<ザ・ビートルズ>
8.HONEY
<ボビー・ゴールズボロ>
9.HORSE LAUGH BLUES
10.LIGHT BLUES
※< >内はオリジナルアーティスト

オリジナルリリース:1970/06/25
 

管理人様へ

 投稿者:伊豆の響き  投稿日:2016年 8月13日(土)09時35分16秒
返信・引用
  お返事ありがとうございます。

伊豆の響きと銘打っていますが、現在は東京でして珠也さんとは案外近い所に住んでおります。
70年代のホンタケさんが好きで、と申して当時はロックに傾倒していたんで後から好きになった訳ですが。
そこでブログを作って当時の音源集めに務めているしだいです。

何かわかりましたら宜しくお願いいたします。
 

Re: 70年代のマイ・ディア・ライフ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月13日(土)01時12分37秒
返信・引用
  > No.308[元記事へ]

伊豆の響きさんへのお返事です。

伊豆の響様書き込みありがとうございます
HP拝見させていただきました

あまりの情報量に怖気図いてしまってほんのさわりの部分しか読めてないですが、凄まじいの一言ですね

是非お力に・・・と言いたいところですが、さすがに1973~4年では自分は中学生~高校生なのでポツリポツリしか聞けていません(記憶もボヤ~としかありません)

ただもしかしたら本田のファンの中には詳しいそうな方もおられるので、今度こちらから聞いてみます。
なにかわかり次第そちらのHPに連絡いたします

のんびりお待ちください

http://www.jazz-honda.com/

 

70年代のマイ・ディア・ライフ

 投稿者:伊豆の響き  投稿日:2016年 8月12日(金)16時53分13秒
返信・引用
  昔録音していたFM番組のリストを作成しブログで公開している中に70年代の「マイ・ディア・ライフ」があるんですが、メンバー紹介を抜かして録音しているので演奏者名欄が空欄になっています。ここで書き込むのはお門違いかも知れませんが、もし分かるものありましたら教えていただけると助かります。ブログ名は「伊豆の響き」ですので宜しくお願いいたします。

http://blogs.yahoo.co.jp/tomo_santana/folder/438605.html

 

レンタル掲示板
/33