teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いよいよ!

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 2月20日(月)18時36分53秒
返信・引用
  トリオ・ジャス・コレクション 本田竹曠

2006年に夭逝したジャズ・ピアニスト、本田竹曠(広)のトリオ時代の名作が最新デジタル・リマスタリングでCD化。決定盤!実息、本田珠也の書き下ろし解説&マスタリング監修

「映画スター気取りで椅子にドッシリ座っているこのふてぶてしい顔を見ていると、何か元気になるんだね。不思議。」-『ホワッツ・ゴーイング・オン』解説より



■アーチスト:本田竹曠
■価格:\2,310(税込)/\2,200(税抜)
■発売・販売:ウルトラ・ヴァイヴ tel 03-5485-2301 http:www.ultra-vybe.co.jp
■発売タイトル

第一期 2012年2月22日発売
①アイ・ラヴ・ユー CDSOL-1481
②ホワッツ・ゴーイング・オン CDSOL-1482
③ミスティ CDSOL-1483
④ジス・イズ・ホンダ CDSOL-1484

第二期 2012年3月21日発売予定
⑤本田竹曠の魅力 CDSOL-1478
⑥ザ・トリオ CDSOL-1479
⑦浄土 CDSOL-1480

*******************************************************************

2012年2月22日発売
①アイ・ラヴ・ユー CDSOL-1481

1. アイ・ラブ・ユー
2. ヒアーズ・ザット・レイニー・デイ
3. サニー
4. ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
5. 枯葉

本田竹曠(p)
鈴木良雄(b)
渡辺文男(d)

極上のスウィング感とストレートに胸を打つ歌心、本田の真骨頂とも言えるスタンダード・アルバムの傑作。思わず躍りだしたくなるくらい良く唄う「アイ・ラヴ・ユー」「サニー」「枯葉」やしっとりとしたバラードも素晴らしい

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

②ホワッツ・ゴーイング・オン CDSOL-1482

1. エイント・テル・ユー・ア・グッド・ウェイ・バット
2. チェック・アウト・ユア・マインド
3. エイント・ファンキー・ナウ
4. ワッツ・ゴーイング・オン
5. シャム・タイム
6. グレーシィ・スプーン
7. ドッグ・オブ・ザ・ベイ

本田竹曠(p,el-p)
伏見哲夫(tp)
森川周三(tp)
テディ・アダムス(tp)
峰厚介(as)
武田和命(ts)
川端民生(b)
ケン・ローソン(g)
今村裕司(conga)
楠本卓司(ds)

武田和命と峰厚介をフィーチャーしたオーケストラを従え、本田はエレピとオルガンもプレイ、ジャズ・ロックよりなアプローチを見せたファンキーな人気作。マーヴィン.ゲイ「ホワッツ・ゴーイング・オン」やハモンド・オルガンがゴキゲンな「チェック・アウト・ユア・マインド」など和ジャズ人気も高い傑作

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

③ミスティ CDSOL-1483

1.  ミスティ
2.  明日に架ける橋
3.  バット・ノット・フォー・ミー
4.  ベル
5.  ストーミー・マンデイ
6.  アイ・ラヴ・ユー・モア・トゥデイ・ザン・イエスタデイ
7.  フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ

ママ・T (vo)
本田竹曠(p)
鈴木良雄(b)
ジェームス・チック(ds)

黒人女性ママ・Tヴォーカルをフィーチャーしたヴォーカル+トリオ・アルバム。1972年に横田基地での実況録音盤。「ミスティ」「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」などダイナミックでブルージーなヴォーカルとスウィングする演奏が小気味よい傑作


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

④ジス・イズ・ホンダ CDSOL-1484

1. 恋とは何か君は知らない
2. バイ、バイ、ブラックバード
3. ラウンド・アバウト・ミッドナイト
4. 朝日の如くさわやかに
5. ホエン・サニー・ゲッツ・ブルー
6. シークレット・ラヴ

本田竹曠(p)
鈴木良雄(b)
渡辺文男(d)

第6回スウィング・ジャーナルのディスク大賞受賞の初期代表作。「恋とは何か、君は知らない」、「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」など、しっとりと、時にエモーショナルに歌い上げる本田のピアノが素晴らしいトリオ作品。

===================================================================
以上ウルトラヴァイヴさんより

http://www.jazz-honda.com

 
 

祝!トリオ盤再発

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月26日(木)16時47分49秒
返信・引用
  しばらく、廃盤状態だった本田さんの初期トリオ盤が久々に出揃うことになりました。
今回はオリジナルにこだわった作り&リマスタリング(珠也氏立会いで)になっています。
まだの人はもちろん、CD出始めのころ盤をお持ちの人、前回のジャケ写いまいちの盤をお持ちの人も是非買い替えを検討してみてください。
私も若干ですが協力していますのでよろしくお願いいたします。
http://diskunion.net/jazz/ct/news/article/1/27747

http://www.jazz-honda.com

 

おお!こりゃすごい!

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月21日(土)12時29分48秒
返信・引用
  http://www.youtube.com/watch?v=FxRWcpE6T10&feature=youtube_gdata_player

ぺえさんよりお知らせいただきました~


http://www.jazz-honda.com

 

お礼

 投稿者:ぺぇメール  投稿日:2012年 1月18日(水)20時30分49秒
返信・引用
  ありがとうございます!

なんだ~
スライドショーになるということなんですね!
 

Re: 質問です!

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月17日(火)23時33分22秒
返信・引用
  ぺぇさんへのお返事です。

> 下のURLは動画なのですか?
> どうやったら、音楽が聴かれるのでしょうか?

え~と
これは画像のスライドショーではないでしょうか?
つまりは音はなしってことです。
たぶんw


http://www.jazz-honda.com

 

質問です!

 投稿者:ぺぇメール  投稿日:2012年 1月17日(火)23時20分54秒
返信・引用
  下のURLは動画なのですか?
どうやったら、音楽が聴かれるのでしょうか?

恥を忍んでお尋ねします。
 

Re: 大盛況で幕を!

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月13日(金)13時38分14秒
返信・引用
  ぺぇさんへのお返事です。

詳細ありがとうございます。

ちゃんとした写真もありがとうございます。

http://twitvideo.jp/076Cd
http://twitvideo.jp/076D5

ツイッターのやつみたいです。

http://www.jazz-honda.com

 

大盛況で幕を!

 投稿者:ぺぇメール  投稿日:2012年 1月13日(金)09時04分47秒
返信・引用
  管理人様のレポートにもありますように、大盛況で終わることができ、出演ミュージシャン、pit innの皆様、いらして下さったお客様、いらっしゃれないけれど各地で応援をして下さった方々、twitterでRTして協力してくださった方々、元K.O.J.M.C.の役員の皆様の公私にわたるご支援に心から感謝いたします。ビッグバンドは1時間のリハで初見、初編成のバラバラのミュージシャン達なのにあの1体感は本田さんの絆だと心から思いました。国立OBではなかったけれど、入れてもらったテナーサックスの森田修史、トロンボーンの堂本雅樹、トランペットの牧原正洋もすっかり溶け込み、良い仕事をしてくれた事は本当に嬉しかったです。本田の先輩達が遠方から駆けつけてくださり、客席も盛岡で新開店したBar Cafe the S一家も勢揃いで来てくれたし、主なるサポーターが全員集合した感でした。板橋さんのコンボは休演があり残念でしたが、凄い熱気と思いを与えてくれました。本当にありがとうございました!  

本田さん7回忌を迎えて

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月13日(金)01時20分31秒
返信・引用
  メモリアルライブ in ピットイン、行って来ましたよ。
例によって少し遅れての到着で、ノコリンズの後半と第2セット(板橋文夫と同期生コンボ)を見て来ました。
メンバーは先のとおりです。
いや~
久しぶりのピシっと筋の通ったビックバンドを聞きました。
新旧のソロの違いとか、アレンジの素晴らしさとかいろいろありますが、ここは一番、この中では若手になる森田修二氏(ts)が素晴らしかったことをお伝えしておきます。
さて第二セット。
本田さんのマイナーズ・オンリーから一気に(途中梶原まり子さんのド迫力のヴォーカルをはさんで)アンコールまで怒涛の演奏。
この日のために書き下ろしたという大森さんと板橋さんの曲も飛び出しての大サービス。
しかし板橋文夫・・・ありゃ魔人だな!(それに負けてない珠也氏のドラムも凄かったけど)後アンコールで引っ張り出された松風(バリトンサックス)鉱一氏のとぼけた味のあるソロも私は好きです。
どうやら本田さんもすみっこでニヤニヤしてたみたいですよ。

なんだかいい具合に写真がピンボケですいません。
ぺえ様はじめ関係者の皆様そして参加されたミュージシャンの方々お疲れ様でした。

http://www.jazz-honda.com

 

Re: 柔らかな思い出

 投稿者:philly-loungeメール  投稿日:2012年 1月12日(木)17時05分1秒
返信・引用
  TAさんへのお返事です。

> 普通の社会人の男性です。初めて投稿いたします。
> 1978年、高校1年生の私は渋谷のヤマハで本田さんにピアノを師事してました。いつも裸足にサンダル、髭面のアフロヘアーで、誰にも威張らず、面白く優しい先生でした。ジャズ初心者の私が間違ったことをやっても、笑って直してくれました。懐かしく暖かい思い出です。ありがとうございました。

おお!これはこれは本田さんのお弟子さんですね!
なんかほわっとした書き込みありがとうございます。

本日はピットインにて本田さんのトリビュートライブがあります。
きっとご本人もいらっしゃってると思いますので、お伝え?しておきますw

管理人

http://www.jazz-honda.com

 

レンタル掲示板
/33