teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: JAZZ IN TOKYO’69

 投稿者:philly-lounge  投稿日:2012年11月 1日(木)00時25分7秒
返信・引用
  > No.221[元記事へ]

ぺぇさんへのお返事です。

ぺぇさま
いつもありがとうございます。

> 是非、皆様に聴いていただきたいと思います。
そうですね、本田さんのごく初期の録音ですし、こういうのはすぐに廃盤になってしまうので、
まだの方、お早めにお求めください。
漆黒のヘイジュードがきけますよ~~






 
 

JAZZ IN TOKYO’69

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2012年10月31日(水)22時57分50秒
返信・引用
  1969年8月31日に日比谷野外音楽堂で行われた「日本ジャズ協会」設立を記念して行われた正午から夜9時まで9時間に及ぶコンサート。
100名以上のミュージシャンの中から
Disk1.
 佐藤允彦3+宮沢昭。
 山下洋輔3。
 西村昭夫4。
 松本英彦4。
Disc2.
 本田竹彦3。
 峰厚介5。
 猪俣猛5。
 南里文雄、水野純交、世良譲、ジョージ川口、栗田八郎によるジャムセッション。

本田はヘイ・ジュードを村上寛(Dr)萩原栄治郎(Bs)と演奏している。
まだレコードデビュー前で、次の峰さんと期待される新人として取り上げられている。

このヘイ・ジュードは晩年の演奏を彷彿とされる演奏だ。

是非、皆様に聴いていただきたいと思います。
 

ご紹介ありがとうございます。

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2012年 9月 7日(金)09時37分23秒
返信・引用
  それは初耳でした。
兎に角、交友範囲の広い方で超一流人ばかりでその中に本田竹広がいたわけですからね…

8月21日の西荻あけたの珠也君主催のメモリアルライブにいらっしゃいましたよ!

初あけたと言う鈴木チン良雄さんと尾崎さんは何ともあけたに似合っていませんでした。(笑)

白系露人の血が入っているというのはお嬢様を見てうなずけますね!


私もアマゾンに注文します。
 

Re:眠る盃

 投稿者:尾崎正志氏のちょっとした知り合い  投稿日:2012年 9月 6日(木)10時01分53秒
返信・引用
  尾崎氏の中に白系ロシア人の血が、少しだけ流れているーということも今回、初めて
知りました。

その生い立ちやプロフィールも実に見事なもので、本の中でも「並みの若者の10年を、
5年でやりのけている」と、向田邦子は感嘆して書いています。

それにしてもパリ留学を体験し、ジャズを好んでいる擦り師など、当時の東京でも
ほとんどいなかったはず。
まさに「イケメンの元祖」の一人です。

「眠る盃」を最初に読んだのは、私も20歳そこそこの時期でしたが、「男性鑑賞法」
を読んで「オレもいつかは、ここに載っている男性たちのように、味のある良いオト
コになりたい!」と思ったものです。

もっとも、人を惹きつける魅力というのは大きな才能なので、それがない私などは、
年を取るたび絶望感に打ちひしがれるわけですが。(笑)

向田邦子は観察力が異常に鋭く、また男性のセンスに関しては、求めるレベルも相当
高い書き手でしたから、この本で取り上げられるというのは、当時でも相当魅力の
ある方々ばかりだったというのは、容易に想像出来ます。

彼女にセレクトされて、そのおメガネに適ったというのは、オトコにとって大変
名誉なことだったと思います。

本田 竹広と尾崎氏は、人間的なタイプとしては「とても似ている部分」と「かな
り似ていない部分」の両方を持っていらしたと考えておりますが、このエッセイ集
では「かなり違う部分」に焦点が当てられていて、それが本田ファンには興味深い
ところです。

尾崎氏とは残念ながら最近、お会いする機会がなかなかありませんが、今度お会い
することがありましたら、本田 竹広の想い出話と一緒に、この時の向田邦子の取材
におけるエピソードなど、いろいろ聞いてみたいなとは思っています。
 

Re: 眠る盃

 投稿者:philly-lounge  投稿日:2012年 9月 5日(水)17時54分3秒
返信・引用
  > No.217[元記事へ]

尾崎正志氏のちょっとした知り合いさんへのお返事です。

>ちょっとした知り合い様
投稿ありがとうございます。

いや~まったく知りませんでした。
早速アマゾンで注文注文!


http://www.jazz-honda.com

 

眠る盃

 投稿者:尾崎正志氏のちょっとした知り合い  投稿日:2012年 9月 5日(水)17時40分57秒
返信・引用 編集済
  ここんとこ、脚本家・小説家だった向井邦子(むこうだ くにこ)の本が読みたくなって、
彼女のエッセイ集『眠る盃』を久々に再読しました。

向田邦子は、幼少時代だった我々を、お茶の間で大いに楽しませてくれた「時間ですよ」
や「寺内貫太郎」といった人気ドラマを書いた方です。

そして大発見!
「男性鑑賞法」という項目の中に、摺り師であられる尾崎正志氏のことが取り上げられ
ているではないですか。

尾崎氏のことは本田 竹広ファンなら、ご存知の方も多いでしょう。
本田 竹広の最晩年、彼の再起に尽力され、その音楽生活を支えた方です。

もしかしたら『眠る盃』に尾崎氏が登場するというのは、本田ファン、尾崎ファンの
間では昔から有名な話だったのかも知れません。

しかし『眠る盃』を最初に読んだのは、私もかなり若い時でしたので、その頃は尾崎
氏とは面識がなく、この本で取り上げられていたことに、まったく気が付きませんで
した。
その後、何度か本田 竹広絡みで尾崎氏とお会いする機会がありましたので、この本で
取り上げられていたのを知ったのは、今回が初めてでした。

それにしても、この本で描かれている25歳の若き尾崎氏の、何と格好良いことでしょう!
もしかしたら本田 竹広より格好良かったかも?

現在でもダンディで素敵な尾崎氏ですが、若い頃は、さぞかし女性にモテタことで
しょうね。(うらやましー!)

向田邦子の『眠る盃』は、数ある日本のエッセイ集の中でも、名作の誉れ高い本です。
「男性鑑賞法」には根津甚八とか、素敵な男性が数人紹介されていますが、尾崎氏が
一番格好良く書かれています。

向田邦子も尾崎氏に一目惚れしたのでしょうか。(笑)

ともあれ、この本をまだ読んでいない方は、ぜひ一読をお薦めします。

故・本田 竹広にとっても、尾崎氏との出会いは、本当に幸運なことなのだったと、
再認識させられるエッセイ集です。
 

スーパー・サファリ

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2012年 8月23日(木)20時28分19秒
返信・引用
  最後の曲はスーパー・サファリでした。  

Re: 本田竹広生誕67年記念ライブ

 投稿者:philly-lounge  投稿日:2012年 8月23日(木)19時30分32秒
返信・引用
  > No.214[元記事へ]

ぺぇさんへのお返事です。

ご報告ありがとうございます~
やっぱり盛り上がりましたね。
無理して出かけて皆様に風邪をうつさなくてよかった?w




http://www.jazz-honda.com

 

本田竹広生誕67年記念ライブ

 投稿者:ぺぇ  投稿日:2012年 8月23日(木)12時47分41秒
返信・引用
  管理人さん、それは大変でしたね!お大事に~

@西荻のアケタの店
メンバー 峰厚介(ts) 橋本信二(gt) 板橋文男(pf) 米木康志(bs) 本田珠也(dr)

小さな店に予約が50人弱で、入れるかどうか心配なほどでした。
暑さと熱気の中1セットが始まりました。
全て本田さんの曲。(メモ取っていなかったから分かりません)
1曲目は浄土からだけど浄土ではなかった。
2曲目はセカンド・カントリーだったはずです。
3曲目は?
4曲目は峰さんがソプラノに持ち替えて、ウィンド・サーフィン(?)

聴いてる方も、熱くなって暑くなって~
演ってる方は、特に板橋さんは倒れるのではないかと思う程の熱演

場内は入りきれなくドアを開けて、階段下にも階段にもお客様が…

新鮮な空気を吸いに、屋外に…
そこにも脱出組が…

本田竹広の晩年を支えたオールメンバーが集結していました。
紀尾井ホールのプロデューサー尾崎氏
元のホームページの管理人さん
gate oneのまり子ママにファミリー(まいさん、荒武君、裕香ちゃん、由堂君他)
親友善ちゃん他の国立音大ファミリー+娘の直子

盛岡のthe Sからは可愛い花かごがむさい(失礼!)アケタに似つかわしくなく飾られておりました。

2セット目が始まっても、地下に潜る勇気がなく、外で漏れてくる爆音を聴いてました。

アケタは初めてだと来て下さった鈴木チン良夫さん(bs)が3曲目にRipplingを飛び入りで演奏しました。
そして、最後はスパー・サファリだったかサバンナ・ホットライン
アンコールはバイバイ・ブラックバードでした。

間違ってたら、ご存知の方は教えて下さいね!

お客様が帰り、メンバーは差し入れの焼酎で打ち上げ!
本田さんの妹さんも見えていて「ピアノ弾いて良いかしら?」と…

尾崎氏と管理人さんが帰り際に「本田さんのあの音が聴けないと淋しい!」と言ってたら、
妹さんの指からは本田さんの音が出ました!
初台のメモリアルコンサートの打ち上げの時もそうだったけど、
本田さんが乗り移ったみたいに
皆、楽器を再び持っての演奏!
最後は宮古高校の校歌。

 

本日アケタの店で・・・

 投稿者:philly-lounge  投稿日:2012年 8月21日(火)18時43分46秒
返信・引用
  本日西荻のアケタで本田さん生誕67年の記念ライヴがあります・・・なのに・・・なんと夏風邪をこじらせてしまって・・・すいません欠席です。
いけた方様子をお知らせくださいませ。
あ~あ、なさけない・・・
 

レンタル掲示板
/34